角質保護成分があるスキンケア成分のセラミドの特性とは

スキンケア商品に含まれる成分の中でもよく見かけるのがセラミドと呼ばれる
成分ですが、この成分はお肌の角質層にある細胞間脂質の主成分となる
もので、一つではなく五種類から成り立っています。

 

いずれのセラミドも水分を保持するスキンケア作用があるという点では一致
しているのですが、それぞれのセラミドの種類によって肌に対して与える効果
などは異なってくるので種類による肌や体への効果についても知っておく必要があります。

 

すっぽん小町に含まれているコラーゲンは肌に潤いやハリをもたらします。

 

一般的なセラミド1という成分については水分保持機能に加えて、外部から
の刺激に対しての耐性機能が抜群であり、紫外線対策のスキンケア
含まれていることも少なくありません。

 

セラミド2に関しては水分のバランスを保つ働きがあり、いくら保湿をしても
バランスが保たれないとすぐに元の状態に戻ってしまうので根本的なケアを
考えた場合に必要不可欠な成分と言えます。

 

セラミド3については水分保持機能に加えてシワの症状を軽減する効果が
期待できますが、シワが浅くなることによって実年齢より若く見られる期待が
あるのでアンチエイジングを意識した場合も有効的な成分と言えます。

 

セラミド4についてはバリア機能を高めることができるのでダメージの軽減を
抑制することが可能です。

 

そしてセラミド5は水分の保持に加えて肌の新陳代謝を促すことによって
ターンオーバーの促進をする効果やそれに伴ってシワやシミの肌トラブルの
症状を軽減する効果が期待できます。

 

セラミドの入ったスキンケア商品とすっぽん小町を併用することで理想の
肌に近付けるかもしれません。

関連ページ

スキンケア成分で人気のプラセンタの特徴とは?
プラセンタというのは胎盤のことで、アミノ酸が豊富に含まれている特徴があり、体内の中で十分に合成することができないタイプのアミノ酸も多く含まれています。
スキンケアの基本であるビタミンの効果と摂取の方法
ビタミンCは自然の食事の中でも比較的多く摂取することができる成分であり、潤いを与えたり皮脂の過剰分泌を低減する効果もあります。
美白スキンケアに有効なトラネキサム酸ってどんなもの?
トラネキサム酸は固まってしまっている状態の血液を融解する働きがあるので、止血剤として使用されていたアミノ酸です。
注目されているスキンケア成分のアスタキサンチンの働き
抗酸化力が強いことために体内を老化させる物質としても知られている活性酸素の除去を促してくれるのがアスタキサンチンです。
安定のスキンケア成分のコラーゲンと生活習慣
すっぽん小町にも配合されているコラーゲンは誰もが知っている安定のスキンケア成分です。生活習慣などの見直しをしながら使用することでさらに高いスキンケアの効果が期待できます。