サプリメントによる副作用と注意点は?

サプリメントは医薬品ではないので、一応副作用がないとはされていますが、
しかし、皆無ではありません。

 

なかには大量に飲んでしまう人もいます。

 

これではサプリメントでなくても体を壊します。

 

すっぽん小町も1日2粒という用量を守って飲みましょう。

 

そのような極端な例は別として、鉄分を摂りすぎると、摂りすぎた鉄分が内臓
に溜まって、肝硬変や心筋症他、糖尿病などの病気を招くこともあります。

 

これらは鉄分のサプリメントとの副作用というよりも飲み過ぎによる弊害といえます。

 

ただ言えるのは、普通の食品から1日に必要量を摂取するのは難しい成分です。

 

しかし、鉄分のサプリメントは体に吸収しやすいようにできているため、すこし飲み過ぎた
だけでも過剰摂取となってしまう危険性はあります。

 

いずれにしても鉄分に限らず全てのサプリメントで、飲み過ぎにはくれぐれも注意をしてください。

 

多くの人が愛飲しているサプリメントですが、なかには驚く飲み方をしていて15種類の
サプリメントを飲んでいるというのですが、健康食品であくまでも食品なのだから複数
とっても問題ないというのです。

 

さらに、食事も色々な食品を摂るように勧めているのだから、サプリメントも、という理屈
なのですが、ただ、ビタミンが大量に含まれているものは、たとえ水溶性であっても長い
期間取り続けると問題も出てきます。

 

複数種類摂ること以上に、同じ栄養素の過剰摂取が心配です。

 

サプリメントを頭から否定するのも問題ですが、摂りすぎはそれ以上に問題が大きいです。

 

サプリメントの量や飲み方を適切に行ってこそ効果が期待できます。

 

すっぽん小町は1袋が1か月分なので分かりやすく、飲みすぎの心配もありませんね。

関連ページ

サプリメントと薬の違いはどんなもの?
薬とは違い、健康を保ったり健康状態を改善する効果があると考えられるのがサプリメントであり、医学的な根拠はありません。すっぽん小町も同様です。
医薬部外品のサプリメントってどんな効果があるの?
ある特定の症状に効果のある成分が入っていると厚生労働省が認めたものが医薬部外品のサプリメントである「トクホ」です。
サプリの種類│形状・役割・副作用
サプリは愛用者が増えていて、その形状や役割が増えています。その一方で副作用があるものもあるので、注意が必要です。
サプリメントが原因で起こるアレルギーとは?
サプリメントの中には、体質によってはアレルギーを起こすものもあります。食品だからと安心せず、成分をしっかり確認してから飲みましょう。
処方薬との併用は避けるようにしよう
サプリメントは薬の効果を激減させてしまったり、危険が伴うこともあるので、病院から処方されている薬を飲んでいる人は必ず医師に相談してからサプリメントやすっぽん小町を飲みましょう。