サプリメントと医薬品の違いとは?

どこそこ健康不安を感じてサプリメントを利用している人が多いのですが、
サプリメントの行政的な定義はないそうです。

 

ただ、厚生労働省で決められた安全性と有効性のレベルに適っていると
認定された「保健機能食品」があります。

 

国で認定された保健機能食品には“機能性表示食品”と“栄養機能食品
”そして“特定保健用食品(トクホ)”の3つが健康機能食品となっています。

 

この保健機能食品も、一般的ないわゆる健康食品(サプリメント)と同様に
健康食品(サプリメント)の括りに入っています。

 

特定機能食品とは、おなかの調子を整えるとか、健康の維持に役立つ効果
がみとめられたもの、あるいは厚生労働省が定めた成分が入っているものが、
特定機能食品となっています。

 

一般のサプリメントも特定機能食品もあくまでも「食品」ということになっています。

 

健康を保ったり健康状態を改善する効果があると考えられるのがサプリメントで
あり、医学的な根拠はありません。

 

すっぽん小町も同様です。

 

サプリメントでも「医薬部外品」と表示されているものがありますが、それは健康食品
ではなく医薬品の部類に入ります。

 

医学的な根拠がないとされるサプリメントですが、それなりの栄養素があり、
サプリメントを飲んで症状が改善したりしますので、多くの人が健康増進や
悪い所の改善を求めてサプリメントを利用しています。

 

すっぽん小町を飲んでいる人は肌の悩みなどを持った人が多いようです。

 

サプリメントはいつも利用する人と、逆にサプリメントが嫌いな人は全く利用しない
など大きく分かれる傾向があるようです。

 

病院で診察を受けた知人が、医師にサプリメントのことを聞いたそうです。

 

医師の答えは、「サプリメントはどんどん進歩しているので、必用なら上手に利用
するのもありです」と、サプリメントの使用を否定しなかったそうです。

 

ただ、鉄分のサプリメントの他、摂りすぎると害が出る成分もあるので注意をするようにとのことでした。

関連ページ

医薬部外品のサプリメントってどんな効果があるの?
ある特定の症状に効果のある成分が入っていると厚生労働省が認めたものが医薬部外品のサプリメントである「トクホ」です。
サプリの種類│形状・役割・副作用
サプリは愛用者が増えていて、その形状や役割が増えています。その一方で副作用があるものもあるので、注意が必要です。
サプリメントの副作用と気を付けること
サプリメントは医薬品ではないので、副作用がないとはされていますが、それでも量や飲み方を適切に行なってこそ効果が期待できます。
サプリメントが原因で起こるアレルギーとは?
サプリメントの中には、体質によってはアレルギーを起こすものもあります。食品だからと安心せず、成分をしっかり確認してから飲みましょう。
処方薬との併用は避けるようにしよう
サプリメントは薬の効果を激減させてしまったり、危険が伴うこともあるので、病院から処方されている薬を飲んでいる人は必ず医師に相談してからサプリメントやすっぽん小町を飲みましょう。