アレルギーを引き起こすサプリメントもある

アトピーやアレルギーの人が増えていると言いますが、体質によってはアレルギー
を起こすサプリメントもあります。

 

例えばグルコサミンのサプリメントでアレルギー反応を起こす人がいますが、
グルコサミンはカニやエビなどの殻を材料で作られていますから、カニやエビで
アレルギーの出る人は注意をしてください。

 

キチンという成分がアレルギー反応を引き起こすのですが、普通は捨てられしまう
殻に多く含まれていて、その殻を利用して作られていますから、カニやエビに
アレルギーがある人はアレルギー反応が出てしまいます。

 

ただ、エビやカニの殻には通常より豊富なキチンが含まれていますので、エビやカニ
を食べてもアレルギーを起こさない人でも、甲殻類のサプリメントではアレルギーを
起こす可能性もあるそうです。

 

また、グルコサミンのサプリメントでも、メーカーによってアレルギー反応を起こす人
もいます。

 

その場合は、甲殻類でアレルギー反応を起こすというよりも、そのサプリメントに
含まれている添加物で起こす可能性があるようです。

 

コラーゲンのサプリメントを飲んでアレルギー反応が出た人もいます。

 

飲んだ翌日に全身がかゆくなり、メーカーに問い合わせたら、すみやかにクーリングオフ
の対応をしてくれたそうです。

 

すっぽん小町にもコラーゲンが入っているので、前例がある人は注意してください。

 

食品だから副作用がないと思われているサプリメントですが、サプリメントの中に
入っている物質は天然成分だけではありません

 

サプリメントに含まれているアレルギーを誘発させる物質が入っていてアレルギーを
引き起こすこともありますから注意をしてください。

 

すっぽん小町を飲み始める際も成分を確認し、不安があれば相談しましょう。

関連ページ

サプリメントと薬の違いはどんなもの?
薬とは違い、健康を保ったり健康状態を改善する効果があると考えられるのがサプリメントであり、医学的な根拠はありません。すっぽん小町も同様です。
医薬部外品のサプリメントってどんな効果があるの?
ある特定の症状に効果のある成分が入っていると厚生労働省が認めたものが医薬部外品のサプリメントである「トクホ」です。
サプリの種類│形状・役割・副作用
サプリは愛用者が増えていて、その形状や役割が増えています。その一方で副作用があるものもあるので、注意が必要です。
サプリメントの副作用と気を付けること
サプリメントは医薬品ではないので、副作用がないとはされていますが、それでも量や飲み方を適切に行なってこそ効果が期待できます。
処方薬との併用は避けるようにしよう
サプリメントは薬の効果を激減させてしまったり、危険が伴うこともあるので、病院から処方されている薬を飲んでいる人は必ず医師に相談してからサプリメントやすっぽん小町を飲みましょう。