サプリの形状・役割の種類と副作用は?

不況知らずの業界を表す言葉に「3こう産業」というのがありますが「健康」
「学校(教育)」「観光」と、いわゆる“こう”の字がつく産業が不況知らずと
言われています。

 

なかでも健康(病気など)のための出費は、どんなにお金に困っても他の
出費のように節約できません。

 

不況になればストレスなどから病気にもなりやすく、不況の時のほうが余計に
健康のための出費が増えるのではないでしょうか。

 

健康不安をかかえている人が多い現代ですが、それだけにサプリメントの愛用者も
増えています。そしてサプリメントの種類も増えています。

 

すっぽん小町もその1つです。

 

そして、飲みやすさや便利さも工夫されて、サプリメントの形状も「ドリンクタイプ」や
「カプセル型」や「錠剤タイプ」、「粉末タイプ」など様々です。

 

そして持ち運びが楽なようにスティック状になって販売されている粉末タイプの
サプリメントもあり、お出かけ先でも手軽に飲めて便利です。

 

サプリメントの役割には「不足がちなものを補うための物」や、「免疫力や健康増進の
ためのもの」そして、体調や症状などの「病気の改善を目的としたもの」の3つに
分けられています。

 

そして、多くのサプリメントには副作用がありませんが、病気の改善を目的としたものは
薬に近い効果がありますから、他の薬と同時に使用するときは注意をしてください。

 

また、貧血の改善のために鉄分を含んだサプリメントがありますが、鉄分の摂りすぎは
体に害を及ぼすように、病気改善の目的のサプリメントを利用するときは特に注意が必要です。

 

すっぽん小町も用量を守って飲むようにしましょう。

関連ページ

サプリメントと薬の違いはどんなもの?
薬とは違い、健康を保ったり健康状態を改善する効果があると考えられるのがサプリメントであり、医学的な根拠はありません。すっぽん小町も同様です。
医薬部外品のサプリメントってどんな効果があるの?
ある特定の症状に効果のある成分が入っていると厚生労働省が認めたものが医薬部外品のサプリメントである「トクホ」です。
サプリメントの副作用と気を付けること
サプリメントは医薬品ではないので、副作用がないとはされていますが、それでも量や飲み方を適切に行なってこそ効果が期待できます。
サプリメントが原因で起こるアレルギーとは?
サプリメントの中には、体質によってはアレルギーを起こすものもあります。食品だからと安心せず、成分をしっかり確認してから飲みましょう。
処方薬との併用は避けるようにしよう
サプリメントは薬の効果を激減させてしまったり、危険が伴うこともあるので、病院から処方されている薬を飲んでいる人は必ず医師に相談してからサプリメントやすっぽん小町を飲みましょう。