サプリメントの豆知識を知ってからすっぽん小町を購入しよう記事一覧

 

どこそこ健康不安を感じてサプリメントを利用している人が多いのですが、サプリメントの行政的な定義はないそうです。ただ、厚生労働省で決められた安全性と有効性のレベルに適っていると認定された「保健機能食品」があります。国で認定された保健機能食品には“機能性表示食品”と“栄養機能食品”そして“特定保健用食品(トクホ)”の3つが健康機能食品となっています。この保健機能食品も、一般的ないわゆる健康食品(サプリ...

 
 

サプリメント(健康食品)は、厚生労働省ではあくまでも「食品」と位置付けています。しかし、サプリメントを愛飲している人の多くは薬的なイメージをもっています。サプリメントのなかに「医薬部外品(トクホ)」というのがありますが、ある特定の症状に効果のある成分が入っていると厚生労働省が認めたものに、この表示が許されます。しかし、医薬部外品と言っても「食品」という位置づけには変わりがなくあくまでも食品の部類に...

 
 

不況知らずの業界を表す言葉に「3こう産業」というのがありますが「健康」「学校(教育)」「観光」と、いわゆる“こう”の字がつく産業が不況知らずと言われています。なかでも健康(病気など)のための出費は、どんなにお金に困っても他の出費のように節約できません。不況になればストレスなどから病気にもなりやすく、不況の時のほうが余計に健康のための出費が増えるのではないでしょうか。健康不安をかかえている人が多い現...

 
 

サプリメントは医薬品ではないので、一応副作用がないとはされていますが、しかし、皆無ではありません。なかには大量に飲んでしまう人もいます。これではサプリメントでなくても体を壊します。すっぽん小町も1日2粒という用量を守って飲みましょう。そのような極端な例は別として、鉄分を摂りすぎると、摂りすぎた鉄分が内臓に溜まって、肝硬変や心筋症他、糖尿病などの病気を招くこともあります。これらは鉄分のサプリメントと...

 
 

アトピーやアレルギーの人が増えていると言いますが、体質によってはアレルギーを起こすサプリメントもあります。例えばグルコサミンのサプリメントでアレルギー反応を起こす人がいますが、グルコサミンはカニやエビなどの殻を材料で作られていますから、カニやエビでアレルギーの出る人は注意をしてください。キチンという成分がアレルギー反応を引き起こすのですが、普通は捨てられしまう殻に多く含まれていて、その殻を利用して...

 
 

薬と違って副作用の心配がないのがサプリメントですが、人によって反応が違ってきます。アレルギーの人は特に注意が必要ですが、サプリメントの利用の仕方を間違えても問題が起こります。一番避けていただきたいのは処方薬とサプリメントの併用です。薬の効果を激減させてしまったり、危険が伴うこともありますので、病院から処方されている薬を飲んでいる方は、必ず医師に相談してから飲んでください。薬との併用で悪い例では、強...