老いは紫外線によっても引き起こされる

太陽から降り注いでいる光線の中にはさまざまな有害物質が含まれており、
特に紫外線と呼ばれる太陽光線は肌を黒くしてシミや皮膚ガンなどの
原因を作ると言われています。

 

最近は光老化と言われる紫外線が起因して起こる老化現象は太陽の
紫外線が細胞に対して影響を働きかけてそのダメージによって老化が進む
というものですが、老化の進捗具合については個人差が大きい部分もあります。

 

紫外線がもたらす老化促進効果が高いということは言い換えれば紫外線
対策をきちんと行うことによってアンチエイジングの効果を得ることができると
いうことにもなりますが、アンチエイジング用のサプリなどを購入して使用しても
紫外線の影響を受けると老化が促されることを考えると紫外線対策をする
ことの意味は大きいと言えます。

 

ちなみに紫外線は時期によって放射量が異なっているので季節に合わせた
対策というのがアンチエイジングを考える上で重要なポイントになりますが、
夏や初秋に強いというイメージがある紫外線は実のところ春先からは肌の
老化を促すほどの照射量になっています。

 

冬の終わりが近づいた頃からきちんと紫外線対策についても考える必要が
出てきますが、対策の方法としては日焼け止めクリームを使用することや
日傘をさすことなどが有効になります。

 

いずれにしても紫外線が強い時期はなるべく屋外に出ないようにすることが
大切で、屋外でも反射などによる紫外線の影響は強くなっています。

関連ページ

アンチエイジングのポイントと注意点は?
アンチエイジングの基本は何かというと、体にできるだけ負担をかけずに、体の中の活性酸素をいかに増やさないようにするかということです。すっぽん小町のどの成分が効果的なのでしょうか。
老化現象はストレスによっても起こるもの
老化現象はストレスによっても起こるため、日頃からリフレッシュする習慣を身につけることでストレスを溜め込まないように心がけることが大切です。
睡眠の乱れと成長ホルモンが関係する「老ける」こととは
睡眠サイクルの乱れによって老けることもあるので、意識して乱れのないように保つことが大切で、それには成長ホルモンの分泌も大きく影響しています。
喫煙によって老け込んで見えるようになる
老け込んで見えることの予防・対策には、タバコを吸っている場合にまずタバコを止めることが大前提です。血液の流れや活性酸素などは老いと深い関係があるためです。
毎日の食生活による老いってどんなもの?
毎日の食生活の中で老いを促すと言われている肉や油類などは体内の中で活性酸素を作り出す原因になっています。すっぽん小町を取り入れて食生活を見直しましょう。